Rikyuについて

Rikyuの歴史

 

Rikyuは2009年3月、ロンドンウェンブリーにあるフィットネスクラブ内の小さなトリートメントルームを借りて、開業致しました。

お客さまもほぼゼロからのスタートでしたが、おかげさまで、少しづつ口コミで広がり、2012年6月に北ロンドンにあるマズウェルヒルに移転し、現在はお客さまの8割がリピーターさまで占めるサロンに成長しております。

当サロンは、日常の喧騒から離れて、静かでゆっくりとした空間の中でトリートメントを堪能していただけるようなサロンでありたいとの思いから、アーティストのアトリエを和風に改造したユニークな造りの隠れ家サロンとなっております。 サロンの様子はこちら

Rikyuの理念

 

茶道の賢人「千利休」は、日本の美意識の一つである”侘び・寂び”の精神を具体的に茶道に表現しました。

そこには、質素で閑寂な世界の中に質の高い情緒を感じさせる日本独特の美学が宿っています。

私たちRikyu では、先人の叡智に学び、謙虚なおもてなしの心を持って、お客さまおひとりおひとりをお迎えし、シンプルながらもクオリティの高いサービスで、内側から輝く美と健康を導くサロンづくりを目指しております。 皆さまに、Rikyu の”侘び・寂び”哲学を感じとって頂けるよう日々邁進してまいります。

どうぞ皆さまよろしくお願いいたします。

 

私がRikyuのオーナーセラピストです。

 

 

 

 

 

北条 恵美 (ほうじょう  えみ)   セラピスト歴20年

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/IFPA認定アロマセラピスト/その他各種セラピー資格取得

日本にて大手エステティックサロンに3年半勤務。店長としての新店舗立ち上げや、本社社長室にて、教育、広報、システム管理、化粧品開発などの業務を担当。2002年アロマセラピーを学ぶ為に渡英。 ロンドンでは、ホテルのスパやサロンにて、セラピスト経験を積み、キャナリーワーフの5つ星ホテルでは、トップセラピストとして業務に携わる。プレミアシップサッカー選手、有名歌手・女優などのセレブリティや、経営者・ビジネスマンなどを含む、老若男女、様々な民族・国籍のリピーター顧客を持つ。

メッセージ

セラピストとしては、お客さまの中に備わった大切な健康と美しさをさらに引き出せるきっかけになるようなプログラムを提案することを大切にしています。
Rikyuがお客さまにとって、「とっておきの癒しの空間」になれますように。

Rikyuのセラピストです。

 

RIKA  

IFA認定アロマセラピスト/Elemisフェイシャリスト・インストラクター/ITECその他各種セラピー資格取得

1994年にアロマセラピーを学び始める。当時日本ではまだ広く知られておらず、更に知識を深める為渡英。そこでは障害者施設でアロマセラピーの施術も行う。
 
日本のアロマセラピーの会社にてセラピスト、教育、海外との商品/学校資格提携などの業務に携わった後、 再び渡英しスポーツマッサージ、リンパマッサージ、ホットストーンセラピーなど様々な資格を取得。
 
ロンドン市内のクリニックやスパにて経験を積み、講師として日本出張やElemisの日本でのスパ立ち上げの際、セラピストのインストラクター/オーガナイザーとしても業務に携わる。

 

HARUKA 

歯学部にて人体解剖の経験と解剖生理学を学んだ事がきっかけで、予てから夢だった解剖学と生理学の面からアプローチできる美容家になるため歯学部を自主退学し美容学校に入学。美容学校では美容師免許だけでなく、ネイル、メイク、着付け、色彩検定などの様々な美容に関する資格を習得。

 
渡英後、London College of Fashionにて美容・健康学に関する英国上級国家資格を習得。
 
在学中はマッサージとアロマテラピーの部門で学年1人だけが選ばれる賞を受賞、インターンでは5つ星ホテルのスパにて最上級トリートメントとおもてなしを提供。
 
現在はWestminster大学のHerbal Medicineの学士を習得し、Medical Herbalistとしても体の中と外からの美容に携わる。

NIWA 

CIDESCOインターナショナルエステティシャンの国際資格を持ち、日本で11年間、エステティックサロンに勤務。

特に、痩身技術、小顔、フェイスリフティング効果が高い顔‐筋(GAN-KIN)マッサージのスペシャリストとして、多くのお客さまに携わる。

 

お客さまの声

恵美さんのマッサージは速攻で効き、かつ持続性が長い.

October 3, 2014

免疫力が下がっているのか、花粉症でもないのに、朝晩、鼻がむずむずして止まらないことがありました。たまたま、禅スピリチュアルストーンセラピーを受けたところ、そのむずむずが、ぴたっと止まったのです。 続きはこちら