ライスフォーストリートメントオイル「KU(空)」について

ライスフォーストリートメントオイル「KU(空)」は、精油が入ってない無香料タイプのオイルです。また、「QI(気)」、「SEI(静)」、「RYU(流)」のベースオイルとなっております。

RF_KU

日本産のこめ油と椿油がブレンドされ、お肌にさらっとなじみ、乾燥を防いで、しっとりなめらかに整えてくれます。

今日は、この二つの日本産植物油の効能を、研究論文に基づきながら、解き明かしていきましょう。

ライスフォーストリートメントオイル「KU(空)」には、以下の植物油が配合されています。

  • コメ胚芽油(ORYZA SATIVA (RICE) GERM OIL)
  • ツバキ種子油(CAMELLIA JAPONICA SEED OIL)

 

植物油に含まれる必須脂肪酸の役割

 

植物油は、植物の種や実から抽出された植物性油脂のことで、ベジタブルオイル、フィックスオイル、キャリアオイルやベースオイルなどとも呼ばれます。

アロマセラピーでは、精油を希釈し、皮膚に安全に有効成分を浸透させる目的で用いられますが、植物油に含まれるオレイン酸やリノール酸などの必須脂肪酸やビタミンが、直接お肌に栄養を与え、保湿力を高めるので、植物油自体にも美容効果が見込めます。

人間の皮脂にはオレイン酸、また、皮膚のセラミドにはリノール酸が含まれており、植物油がお肌にスッとなじむのは納得のいくところです。

 

コメ胚芽油には、美白効果

 

rice

コメ胚芽油はオレイン酸やリノール酸ほか、「γ‐オリザノール」という成分を含むのが特徴です。

皮膚の乾燥や肌荒れを防ぐ作用のほか、「γ‐オリザノール」は,抗酸化作用も高く、皮膚内で発生した活性酸素をから肌を守ることで、アンチエイジング効果も期待できるでしょう。

さらに、シミの原因となる酵素チロシナーゼの活性化を阻害し、メラニンの生成が抑制されたとの研究成果もあり、美白作用も見込めそうです。

また、毛髪の成長を促すとの報告もあり、ヘアオイルとしても活用できるでしょう。

 

ツバキ種子油には、抗シワ効果

 

Tshubaki

ツバキ種子油には、オレイン酸が多く含まれ、不足した皮脂を補ってくれるので、乾燥した肌や毛髪に潤いとつやを与える効果があります。椿油は、昔から「髪油」として、日本人に親しまれてきた美容油ですが、重宝されてきた理由が分かりますね。

また、皮膚のコラーゲン生成を助け、シワを抑える研究報告もあり、アンチエイジング作用も期待できそうです。

その他、抗炎症作用もあると認められ、肌荒れや日焼け後のケアにも活用できるでしょう。

 

このように、ライスフォーストリートメントオイル「KU(空)」は、美肌効果がたっぷりつまったコメ胚芽油とツバキ種子油がバランスよく配合された美容オイルとなっています。

マッサージオイルとしてのみならず、お肌のブースターオイルとして、また、髪のヘアケアオイルとしても活躍してくれそうですね。

他のライスフォーストリートメントオイルに以下をご参照ください。

  • 「QI(気)」の配合精油についてはこちら
  • 「SEI(静)」の配合精油についてはこちら
  • 「RYU(流)」の配合精油についてはこちら
Share Button

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *